奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

独立行政法人国立文化財機構 文化財防災センターの設立

 国立文化財機構の組織のひとつとして「文化財防災センター」が、10月1日に奈良文化財研究所内に開設されました。

 2014年度から文化庁の補助金により実施してきた「文化財防災ネットワーク推進事業」の成果を基に、恒常的な組織として設立されたものです。文化財防災ネットワーク推進事業では、東日本大震災の文化財レスキュー事業で培われた多くの関係機関とのネットワークを活かして我が国の文化財防災体制の構築を図るとともに、地域の文化財防災体制の確立や救援活動に関する研修等に取り組んでまいりました。この間、熊本地震、北部九州水害、西日本豪雨、千葉の台風被害、つい先日の球磨川の氾濫等の自然災害が頻発している状況にあります。また、ブラジル国立博物館、ノートルダム寺院、首里城が火災により焼失するという事案も発生しました。これらの災害により被災する文化財も多くなっているというのが現状です。新しく設立された文化財防災センターは、建造物、美術工芸品、民俗文化財等、その他文化財保護法に記載されている多様な分野の文化財を災害から守る体制を作るということを使命としています。

 我が国の文化財防災につきましてはまだまだ取り組んでいかなければならない課題が山積しています。少しずつでもしかし確実に文化財防災のレベルを上げるべく文化財防災センターでは事業に邁進してまいる所存です。多くのご関係の皆様のご指導、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

文化財防災センターパンフレットはこちら(PDF)

 

bousaicenter.jpg

前列:左から,奈良市教育委員会 松浦五輪美文化財課長,奈良県文化?教育?くらし創造部 建石徹次長,文化財防災センター 高妻洋成センター長,国立文化財機構 松村恵司理事長,文化庁 豊城浩行文化財鑑査官,国立文化財機構 永山裕二理事 後列:左から,奈良市消防局予防課 鍵田暢彦文化財防災官,奈良県警察本部 上谷賢治文化財保安官,京都造形芸術大学 内田俊秀名誉教授,文化財防災センター 早川泰弘副センター長,奈良国立博物館 松本伸之館長,東京文化財研究所 齊藤孝正所長,京都国立博物館 佐々木丞平館長,奈良文化財研究所 左野勝司顧問,奈良市場冷蔵株式会社 伊藤珠樹所長,NPO法人書物の歴史と保存修復に関する研究会 板倉正子代表,国立文化財機構 柏田昭生事務局長

月別 アーカイブ

看片的网站-天天看片免费高清观看