奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

夕景

 すっかり秋の気配が漂い始めた平城宮跡の夕暮れ、今が見頃のオギ(荻)が夕日に照らされ、長い銀色の穂を揺らしています。

 そして、今まさに生駒山の稜線に沈もうとしている太陽が、宮跡全域を朱く染め上げていきます。

 東院庭園の西側には、小子部門(的門) と呼ばれる門が復元されています。その基壇上から朱雀門越しに染まる空を見上げながら、古代人も眺めたであろう夕景に思いを馳せるひと時でした。

 

20201105_1.jpg

オギの群生地

20201105_2.jpg

第一次大極殿とオギ

20201105_3.jpg

第一次大極殿とオギ

20201105_4.jpg

オギの群生地

20201105_5.jpg

オギの穂

20201105_7.jpg

小子部門の基壇上から眺める朱雀門とオギ (以下同)

20201105_8.jpg

20201105_9.jpg

20201105_10.jpg

20201105_11.jpg

オギの穂

 

20201105map.jpg

撮影場所
クリックで拡大していただけます

月別 アーカイブ

看片的网站-天天看片免费高清观看